夜間授乳はいつまで続くの?授乳回数を減らすコツも紹介

赤ちゃんが生まれたその日から続く夜間授乳の影響で寝不足の毎日が続きますよね。

「この眠れない日々・・・いったいいつまで続くのだろう?」とママの誰もが不安になっているかと思います。そこで今回は夜間授乳に関して、多くのママが気になっている点について触れていきたいと思います。

いつまで夜間授乳は続くの?

夜間の授乳は、月齢が低いほど頻回になります。

生後0~3カ月くらいまでは、赤ちゃん自身が1度に飲めるミルクの量が限られていることもあり、どうしても1~3時間ごとの授乳が必要となります。

また生後間もない赤ちゃんは、体内時計が整っておらず、朝と夜の区別もつかないことから、夜中でも空腹を訴え、泣いて起きてしまうのです。

しかし、生後3カ月を超えてくると、少しずつまとまって寝てくれる子もでてきます。

1度に飲めるミルクの量が増えるからです。1回の睡眠で3~4時間寝てくれるような子が多くなってきます。

夜の8時頃に寝かしつけてから、夜中の1時頃に起きて授乳・・・それから朝までぐっすりと寝てくれた、なんて場合もあるようです。

あくまでも個人差がありますが、半年も経てば、夜間の授乳の回数がだいぶ減って、ママの身体も楽になってくる人が多いようです。

夜間授乳は自然になくなるの?

7~8カ月に入り、1日2回の離乳食に慣れてくると、夜眠る前に1度授乳をしたら、朝まで起きない赤ちゃんもいます。そんな赤ちゃんのママは自然と夜間授乳をしなくても済むようになっているかもしれません。

しかしこの頃から空腹ではない別の理由で夜に泣く“夜泣き”が始まる子が多くいます。夜泣きで1度起きてしまうと、なかなか寝かしつけられず、どうしようもなくなって授乳をするママもいるようです。

夜間授乳は、自然になくなる子もいれば、なかなかなくならない子、やはりこちらも個人差があります。

夜間授乳を乗り切るコツ

夜間授乳を乗り切るコツを2つご紹介します。

  • 添い乳をする

1~3時間ごとに起きてしまうような低月齢の赤ちゃんであれば、添い乳をしてしまうのが産後まだ身体が癒えてないママにとっては1番楽な方法であると思います。

  • 赤ちゃんと一緒に昼寝

日中赤ちゃんが寝ているときに、家事をやらなきゃと思う気持ちはわかりますが、無理をせず、一緒にお昼寝してしまうことも大切です。

甘え下手の人でも、このときばかりは周りの人を頼って、色々とサポートしてもらいながら夜間授乳を乗り越えてください。

夜間授乳の回数を減らすには?

生後3カ月まではどうしても頻回になってしまいますが、それ以降、夜間授乳を減らすには、幾つか方法があるのでご紹介します。

赤ちゃんの体内時計を整えてあげる

早くて生後3か月頃から赤ちゃんの体内時計は整ってきます。

その時期から、朝は同じ時間に起きカーテンを開け、朝日を浴びさせてあげましょう。

そして、お風呂の時間、就寝の時間をなるべく同じにしてあげることで、赤ちゃんの生活リズムが生まれ、夜ぐっすりと眠れるようになります。

また、電気を明るくしたまま寝かしてしまうと、昼夜の区別がつかなくなり、深い眠りに入ることができなくなってしまいます。

さらに寝る前のテレビやママのスマートフォンのブルーライトは赤ちゃんの脳を覚醒させ、なかなか寝付けなかったり、睡眠の質を下げてしまったりとあまり良い影響がありません。

ママが赤ちゃんのために、夜ぐっすりと眠れる環境をつくってあげることが肝心です。

添い乳をやめる

夜間添い乳をしているママは、これをやめるだけで、少しずつ夜間授乳の回数が減るかと思います。

もちろん先述の通り、添い乳は夜間授乳を乗り切るための手段ではあります。

しかし、月齢が経っても続けていると、やめられなくなってしまうのです。

赤ちゃんは眠りにつくときの状況と目が覚めた時の状況が違っているとビックリしてしまいます。

つまりおっぱいを口にして安心して寝ていたはずが、目が覚めたときに無いと驚いて泣いてしまうのです。

これを癖づけてしまうと、逆におっぱい無しでは眠れなくなってしまうのです。

よって、添い乳は赤ちゃんが少しずつまとまって眠れるようになった頃から避けるようにするのも一つの手です。

夜間授乳のやめ方(夜間断乳)

離乳食をしっかりと食べお腹が満たされているはずなのに、夜間泣いているのであれば、夜間授乳のやめ時です。

泣いている理由は、恐い夢を見たり、体内時計がくるってしまっていたりなどさまざまですが、何かが気に入らないのです。

夜間断乳をすると決めたら、赤ちゃんがミルクなしでも眠れるように、ママがとことん付き合ってあげなければなりません。

授乳以外の寝かしつけ方法としては、背中やお腹をトントンと叩いてあげるというのが一般的ですが、夜間断乳成功のため、家庭によって多種多様なやり方を試しているようです。

・寝る前にこれからは夜起きてもミルクは飲めないことを赤ちゃんに言い聞かせる。

・起きた時、ママがあやすとミルクの匂いがしてしまうため、パパに寝かしつけてもらう。

・起きて泣いたら、ミルクの代わりに白湯を飲ませる。

以上のように、あの手この手でママさんたちは夜間断乳にトライしています。

 

夜間断乳に挑戦して3日で成功する人もいれば、1カ月たっても、なかなかうまくいかないというママもいます。赤ちゃんとママのペースで取り組んでみてください。

まとめ

低月齢の赤ちゃんのママの中で、ちょうど今、夜間授乳がしんどくてこの記事を閲覧している人がいたら、赤ちゃんが3カ月を超えるまでは、どうか頑張ってあげてください。

そして、それ以降の月齢かつ離乳食と日中の授乳で栄養は足りているはずの赤ちゃんのママ。夜間授乳をいついつまでに辞めなければならないという期限や決まりはありません。

もちろん、夜間断乳が成功すれば、ママのこの先の睡眠を勝ち取ることができるわけですから、万々歳です。

しかし、赤ちゃんが夜間泣いても心を鬼にして、ミルクをあげない!と頑張れる人もいれば、その状況が何日も続くことで、ママが心身ともに疲れてしまう場合だってあると思います。

あまり追い込まず、赤ちゃんとママの無理のない程度で進めていけたら良いのではないでしょうか。

頑張れるときに頑張る!子育てに正解などないのですから、こんなに苦労しているのは私だけと思わず、我が子と自分のペースを大切にして頑張っていきましょう。

 

■授乳に関する記事
>>沐浴前後の授乳の必要性と授乳タイミング

タイトルとURLをコピーしました